タイ、「脱プラ」で消えたレジ袋 思わぬ特需も

アジアBiz
2020/1/22 19:09
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

タイから使い捨てのプラスチック製レジ袋が姿を消して3週間がたった。2025年までに主要なプラスチック製品を廃止するというタイ政府の青写真に呼応した取り組みの一歩だが、消費者には戸惑いも広がる。有料ゴミ袋や買い物代行などレジ袋廃止に伴う新たな需要も生まれている。

「ノー・プラスチック!レジ袋は配っていません」。バンコクのスーパーマーケットの店頭では年明けから売り子の声が響く。

SNS(交流サイト)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]