/

この記事は会員限定です

桜を見る会・IR汚職…野党追及、かわす首相 代表質問

[有料会員限定]

安倍晋三首相の施政方針演説などに対する各党代表質問が22日、衆院本会議で始まった。首相主催の「桜を見る会」の招待者選定などについて、首相は法違反はないと強調した。カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業に絡む汚職事件を「誠に遺憾だ」としつつ、整備推進の方針は変えない考えを示した。

立憲民主党の枝野幸男代表は冒頭「安倍政権の利権、私物化、隠蔽体質そのものをたださなければならない」と訴えた。質問時間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1071文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン