首相、中東派遣の意義強調 司令官殺害で支持言及せず

イラン緊迫
中東・アフリカ
2020/1/23 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安倍晋三首相は22日の衆院本会議で、自衛隊の中東地域への独自派遣について「日本関係船舶の安全確保のために情報収集体制を強化する」と意義を強調した。米国とイランの対立が続く中東情勢では「緊張緩和と情勢の安定、わが国との良好な2国間関係の維持・強化に向け、外交努力を最大限払う」と述べた。米国によるイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官殺害への支持などは言及しなかった。

立憲民主党の枝野幸男代表は22日の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]