/

「結婚しなくていい」やじ 夫婦別姓訴える野党質問に

国民民主党の玉木雄一郎代表は22日の衆院本会議での代表質問で、選択的夫婦別姓の導入を訴えた際、議員席から「だったら結婚しなくていい」とのやじが飛んだと明らかにした。記者団にやじは自民党の女性議員からだったと述べたうえで「非常にショックだった。こういう自民党に任せていたから少子化が止まらなかった」と批判した。

玉木氏は代表質問で、若い男性が交際中の女性から「姓を変えないといけないから結婚できない」と言われたとのエピソードを紹介し「夫婦同姓が結婚の障害になっている」と語った。やじはその際に飛んだ。玉木氏は壇上で「今やじで『だったら結婚しなくていい』と、そういう話があった」と指摘し、議場は一時騒然となった。

立憲民主党の枝野幸男代表も記者団に「国会議員としてあるまじき発言だ」と批判し、国民民主などと組む共同会派で対応を検討する考えを示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン