/

この記事は会員限定です

かんぽ検査 金融庁に届いた激励文

経済部 岡部貴典

[有料会員限定]

「ガバナンスをどう考えているのか」。2019年9月中旬、金融庁はかんぽ生命保険の不適切販売を受け、郵政グループの立ち入り検査に踏み切った。日本郵政の長門正貢社長(当時)と向き合った金融庁の西田晃久主任検査官は厳しく問いただした。念頭にあったのは近年の金融不祥事に共通するガバナンス不全の問題だ。

西田氏は全国に散らばる約800人の検査官の頂点に立つ。今回は約30人のチームを率いたが、トップ検査官が自ら現場に入るのは異例だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り977文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

ニュースの裏側や隠れた視点、次の展開を読む動きを紹介するコラムです。原則、週初に公開します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン