三菱UFJFG8社、IPO支援で沖縄でセミナー

2020/1/22 18:26
保存
共有
印刷
その他

三菱UFJフィナンシャル・グループ8社は22日、那覇市内でスタートアップ(新興)企業のIPO(新規株式公開)を支援するセミナーを開いた。全国でも数少ない成長地域である沖縄県のIPOニーズは高いとして、グループの関連ビジネスを拡大する。グループ8社による同種のセミナーは全国初という。

セミナーであいさつする三菱UFJ銀行の片山一朗九州・沖縄本部長(22日、那覇市)

セミナーであいさつする三菱UFJ銀行の片山一朗九州・沖縄本部長(22日、那覇市)

セミナーは三菱UFJ銀行が主催し、グループの証券会社やベンチャーキャピタルなど7社が加わった。地元企業27社40人が参加し、IPOに向けた企業の体験談や、グループの支援体制などの説明を受けた。

三菱UFJ銀行の片山一朗九州・沖縄本部長は「沖縄はアジアの玄関口であり、人口も増えている成長地域。グループを挙げてスタートアップのIPOを応援していきたい」と話した。

同行は2019年5月に成長産業支援室を設置。現在、大阪を拠点に西日本の専任担当者が2人おり、沖縄でもIPO需要の掘り起こしに力を入れる。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]