海底ケーブル事業に2千億円、JBICが融資

2020/1/22 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国際協力銀行(JBIC)は国際的な高速通信を可能にする海底ケーブル事業に融資する。太平洋を中心に約2年で2千億円程度を邦銀と協調融資する見通しで、日本企業による受注を後押しする狙いがある。中国の華為技術(ファーウェイ)が世界の通信網構築で攻勢をかけるのに対抗する。

政府は週内にも、国際協力銀行法の施行令を改正する。公的金融であるJBICによる融資は、民業圧迫を避けるため新興国向けが原則だった。た…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]