台風被害の栃木・第一酒造、2カ月遅れで初出荷

2020/1/22 18:17
保存
共有
印刷
その他

2019年10月の台風19号の被害に遭った第一酒造(栃木県佐野市)が22日、新酒を初出荷した。水や土砂が流入した酒蔵は約600人のボランティアなどの協力で製造を再開、例年より約2カ月遅れの出荷にこぎつけた。島田嘉紀社長は「今年の冬は酒が造れないのではと思う時期もあった。皆様のおかげでこの日が迎えられたことをありがたく思う」と話した。

出荷したのは20年限定商品の「開華 純米吟醸 安寧祈念」など2…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]