/

この記事は会員限定です

キリンHD、市場に響かぬ脱・ビール依存

証券部 坂部能生

[有料会員限定]

キリンホールディングスが事業の入れ替えを進めている。昨年秋からはファンケルに出資し、米クラフトビール大手を買収、オーストラリアの飲料事業は売却を決めた。いずれも不採算事業のテコ入れや新規事業の育成という経営計画に沿ったものだが、市場の反応は必ずしも芳しくない。会社の目指す姿と市場の期待にずれが生じているようだ。

「市場に対する約束を果たせた」。豪州の飲料事業を中国企業に売却すると決めた直後、キリンHDの磯崎功典社長は安堵の声を漏...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1568文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン