配車大手、グラブ社長「資金調達なくても成長可能」
収益化に自信

田中 暁人
アジアBiz
編集委員
2020/1/23 13:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

シンガポール配車大手グラブのミン・マー社長は、日本経済新聞との電話インタビューに応じ、「(今後は)追加の資金調達をしなくても、持続的に事業を成長させることができる道筋が見えている」と述べた。同社は企業価値の評価額が140億ドル(約1兆5千億円)以上で、10億ドル(約1100億円)を超える未上場企業「ユニコーン」としては東南アジア最大級。世界でユニコーンへの評価が厳しさを増すなか、収益化への自信を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]