/

この記事は会員限定です

自遊人、浅間温泉を再生 2020年春に複合施設 入場料制の書店も

[有料会員限定]

新潟県南魚沼市の旅館「里山十帖」を運営する自遊人(同市)は、浅間温泉(長野県松本市)の再生プロジェクトに乗り出す。2020年春にも、温泉街の老舗旅館を改装し複合施設を開く。宿泊施設や書店、シードル醸造所を新設。敷地外にカフェや雑貨店も設け、温泉街を回遊できるようにする。観光客数の低迷が続く同温泉地域の活性化を目指す。

自遊人は現在、新潟県南魚沼市と神奈川県箱根町のほか、大津市で宿泊施設を運営してい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1392文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン