長野・安曇野のマル井、米国でワサビ増産 和食人気で

信越
長野
2020/1/23 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ワサビ加工品メーカーのマル井(長野県安曇野市)は米国でワサビ関連製品を増産する。現地の合弁会社の工場を移転増設し、生産能力を現在の2倍以上に引き上げる。米国ではすしなどの和食人気に加え、ドレッシングなどワサビの利用範囲も広がって需要が伸びている。南米や欧州などでの拡販も視野に入れながら海外事業を拡大する。

マル井は持ち帰りすしチェーンを運営する米企業と2000年にロサンゼルスで合弁会社を設立。粉…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]