アフリカ豚コレラ対策 議員立法で月内成立へ

2020/1/22 17:00
保存
共有
印刷
その他

自民党の森山裕、立憲民主党の安住淳両国会対策委員長は22日、アフリカ豚コレラ(ASF)の対策を盛り込んだ家畜伝染病予防法改正案について、月内に成立させる方針で合意した。ウイルスの侵入に早急に備えるため、政府が提出予定の同法改正案に先立ち、議員立法で成立させる。

ASFは中国などアジアで広がっているが、有効なワクチンがない。ウイルスが国内に侵入した場合に大きな被害が出る恐れがある。改正案ではASFのまん延を防ぐため、健康な豚を対象に実施する「予防的殺処分」を行えるようにする。

政府は通常国会にウイルスの水際対策を強化する同法改正案を提出する予定だが、成立は4月以降の見通し。議員立法で予防的殺処分の部分を切り出して改正し、早急に対応できるようにする。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]