メロンの熟度、音で判定 静岡県の電子機器メーカー

2020/1/22 16:26
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

電子機器を開発・製造するロジパック(静岡県磐田市)は音の周波数でメロンの熟度を調べる装置を開発する。メロンの中を通過させた電子音の周波数の違いで食べごろかどうか判定する。静岡県は温室メロンの生産量が全国1位で、食べごろの日を正確に知りたいという生産者や流通業者のニーズに応える。2020年中の商品化を目指す。

「音波透過式熟度判定装置」の開発を進めている。使い方は、マイクを搭載した台の上にメロンを…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]