浪速工作所、工業用水の浄化コスト9割減

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2020/1/23 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

金型設計・製作の浪速工作所(堺市)は工場向けに、砂や水処理膜を使わずに高効率で浄水する装置を開発した。遠心分離とフィルターを使って微生物など水に溶けない汚れをほぼ全て取りのぞく。価格や設置スペースは主流の砂と水処理膜を組み合わせた方式より9割程度減らせる。すでに受注活動を始めており、2020年に初納入を目指す。

開発したのはステンレス製で高さ約1メートルの筒状の装置だ。製品名は「クリアーノ」。フ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]