次回展望は「10年たっても2%未達」か

日銀ウオッチ
2020/1/23 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「焦点は次回の4月でしょう」――。日銀幹部がこう話すのは日銀が3カ月ごとにまとめている「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」だ。21日の金融政策決定会合で公表した同リポートの対象期間は2019~21年度までだが、4月には新たに22年度の見通しが加わる。言い換えれば、黒田東彦総裁の10年間の任期が実質的に終わるまでの見通しが出てくる。

今回の展望リポートでは、政府の経済対策を踏まえ、19~21年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]