/

この記事は会員限定です

AI特許、中国「BAT」急伸 質でGAFAが圧倒

特許ウォーズ(2)

[有料会員限定]

人工知能(AI)は人々にとってもはや特別な存在ではない。スマートフォンやネット通販など生活に身近な多くの分野で使われている。研究のステージは、精度を高め応用分野を広げる方向に向く。自動運転や医療、物流、教育など新たな領域で先行しようと、世界の企業や研究機関が資金と人材を投じる。

日本経済新聞と知的財産データベースのアスタミューゼ(東京・千代田)がAIに関連した特許取得状況を分析した。2019年1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1870文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン