佐賀県神埼市の菱焼酎とひしぼうろ、産学官で開発
輝け地産品

2020/1/25 5:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

佐賀県東部に位置する神埼市は、そうめんの産地として知られる。それに続く地産品として期待されるのが、佐賀平野を縦横無尽に走る水路(クリーク)に自生する、一年生植物の菱(ひし)。産学官が連携し、その菱を原料にした「神埼菱焼酎」と、和菓子の「ひしぼうろ」を完成させた。菱焼酎はふるさと納税の返礼品としても活用されている。

開発は2009年ごろから始まった。まず市が独自に調査した後、市内にある西九州大学と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]