オジー・オズボーンさん、パーキンソン病を告白

2020/1/22 7:45
保存
共有
印刷
その他

【ロサンゼルス=共同】「メタル界の帝王」と呼ばれる英ミュージシャン、オジー・オズボーンさん(71)がパーキンソン病を患っていることを公表した。21日に放映された米テレビのインタビューで語った。昨年、ワールドツアー中にツアー延期を発表しており、現在は薬物治療を受けているという。

パーキンソン病を公表したオジー・オズボーンさん=ロイター

オズボーンさんは自宅で転倒して首の手術を受け、昨年2月にパーキンソン病と診断された。手術の影響で腕のしびれや、脚が冷たくなるなどの症状を抱えており「(家族にとって)とても困難な状況だ」と語った。

オズボーンさんは2018年4月からのワールドツアーを最後に長期にわたる公演をやめると既に公表しているが、完全引退は否定している。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]