/

新型肺炎を米で初確認 武漢訪問の男性、シアトルで

【ニューヨーク=野村優子】米疫病予防管理センター(CDC)は21日、中国の湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の米国内での初患者をワシントン州シアトルで確認したと発表した。患者は15日に中国から帰国した米国居住の30代男性で、武漢市も訪問していたという。帰国後に肺炎のような症状を発症し、保健当局に連絡して発覚した。

CDCは17日からサンフランシスコ空港、ニューヨークのケネディ国際空港、ロサンゼルス空港を対象に検疫を開始していたが、米国初の患者発生を受けてアトランタ空港とシカゴ空港も対象に加えた。

新型肺炎は中国の武漢市で2019年12月に発生。中国全体の患者数は300人を超え、うち6人が死亡。海外ではこれまで韓国や台湾、日本、タイで感染が確認されていたが、アジア圏外で確認されたのは今回が初めて。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン