米ディズニーの動画配信、欧州でも 3月から

2020/1/22 0:47
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=佐竹実】米ウォルト・ディズニーは21日、動画配信サービス「ディズニー+(プラス)」を3月から欧州で始めると発表した。ディズニー+は2019年11月に米国とカナダで始め、開始初日だけで1千万人が登録した人気サービスだ。欧州でもファンの需要を掘り起こし、米ネットフリックスや米アマゾン・ドット・コムに対抗する。

「ディズニー+」では500本の映画と7500話のドラマが視聴できる

英国、フランス、ドイツ、イタリアなど8カ国で3月24日から始める。価格は月額5.99ポンド(約856円)か6.99ユーロ。ベルギー、ポルトガル、北欧は夏から始める。

ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズなどグループの作品が見られるほか、オリジナルコンテンツもある。

若い世代を中心に、動画の視聴はテレビからスマホやタブレットに移っている。ディズニーの作品には固定ファンも多く、欧州でも需要が多いと見込む。ネットフリックスやアマゾンが先行する動画配信は、ディズニーの参入で世界的な競争が激しくなりそうだ。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]