独検察、三菱自を家宅捜索 ディーゼル不正の疑い

2020/1/22 0:37
保存
共有
印刷
その他

【フランクフルト=深尾幸生】ドイツの検察当局は21日、三菱自動車の独国内の関係先10カ所を家宅捜索したと発表した。同社のディーゼル車が、試験時だけ有害物質の排出を減らす不正な装置を搭載した疑いで、三菱自の幹部や子会社、2つの部品メーカーを取り調べている。ディーゼル車をめぐる排ガス不正問題で、日本メーカーに対する独当局の捜索が明らかになったのは初めて。

フランクフルト検察などが、フランクフルト近郊…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]