日欧中銀、金融政策の機能低下警戒 デジタル通貨研究

2020/1/21 23:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日銀や欧州中央銀行(ECB)など6つの中央銀行と国際決済銀行(BIS)がデジタル通貨(CBDC)の発行に向けて共同研究に乗り出すのは、中銀による通貨管理にかかわる問題との認識が強いためだ。米フェイスブックが計画する「リブラ」を巡り、各国の政府・中銀からは金融政策の機能が低下したり、資金洗浄など犯罪を助長したりするとの懸念が出ている。

デジタル通貨に関しては、リブラのほか、中国も政府主導で「デジタ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]