米仏、デジタル課税で休戦 関税応酬は当面回避

2020/1/21 21:27
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【パリ=白石透冴】フランスが2019年に施行したデジタル課税に米国が反発していた問題で、米仏両政府は20日、20年末まで報復関税の応酬を避けることで合意した。年内は解決を探って協議する。両国は大統領選や年金改革など重要な内政のイベントを控え、外交上の衝突を増やさないことを優先した。

「トランプ米大統領と素晴らしい議論ができた。米仏は協議を続け、関税の応酬を避ける」。マクロン仏大統領は20日、ツイ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]