/

この記事は会員限定です

大阪市「特区民泊」悩ましく 苦情相次ぎ説明会義務化

[有料会員限定]

国家戦略特区法に基づく「特区民泊」について、大阪市は開業前に住民説明会を開くよう事業者に義務付ける方針を固めた。特区民泊の9割以上が集中する中、住民から「説明を受けていない」などの苦情が相次いでいた。ただ、事業者側には「参入のハードルが上がる」との懸念も。住民の不安を解消しながら、増加が続く訪日外国人(インバウンド)の宿泊の受け皿をどう整えるかが今後の課題となりそうだ。(奥山美希、高橋彩)

「民泊...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1413文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン