イオン九州やサンエー、消費増税後 既存店減収続く
MrMax、1月は「反動減から回復」

2020/1/23 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

九州・沖縄の主な小売企業の2019年3~11月期決算が出そろい、7社中6社が営業赤字や減益となった。個人消費の低迷が続く中で消費増税や天候不順、訪日客の減少が響いた。昨年10月の消費増税前に駆け込み需要があったが、増税後の反動減や暖冬による冬物衣料の低迷で売り上げが伸び悩んだ。各社の10月以降の既存店売上高は低調に推移している。

スーパーは苦戦が続く。イオン九州は昨年9月に衣料品や羽毛布団の駆け…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]