ファーウェイCEO、米制裁「影響は軽微」 ダボスで

米中衝突
ヨーロッパ
2020/1/21 19:51
保存
共有
印刷
その他

【ダボス(スイス東部)=奥平和行】中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の任正非最高経営責任者(CEO)は21日、米政府による事実上の輸出禁止措置などの制裁について、「影響は軽微だった」との見方を示した。今後についても経営陣の強化などを理由に「さらなる攻撃があっても生き残る自信を強めている」と述べた。

任氏は同日に開幕した世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)の会場で、人工知…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]