千葉・船橋市、避難所に介護福祉士派遣 災害弱者対策を強化

2020/1/21 19:28
保存
共有
印刷
その他

千葉県船橋市は、災害時に高齢者や障害者ら配慮が必要な人を受け入れる福祉避難所に、介護福祉士を派遣する。県介護福祉会と災害時対応に関する協定を締結した。2019年に台風15号、19号などで大きな災害が出たことから、災害弱者対策を強化する。

市は災害時の福祉避難所として、公民館や老人福祉センターなど35施設を指定している。避難所を開設した際は市が介護福祉会を通じて、各施設に職員を派遣してもらう。

市はこれまで、災害時に道路や施設の応急措置や物資の供給などで、100以上の団体と協定を結んでいる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]