双子や三つ子にサポーター派遣 厚労省が支援事業

2020/1/21 18:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

厚生労働省は2020年度から、双子など多胎児がいる家庭に対する支援事業を始める。多胎児家庭に特化した支援策は初めて。育児経験者をサポーターとして家庭に派遣するほか、同じ悩みを抱える親同士の交流会などを開く。多胎児の子育ては「外出が難しい」などの問題があり、過去には三つ子の育児に悩む母親による虐待死亡事件も起きている。

厚労省は20年度予算に産前産後の継続的な支援策として約240億円を計上した。そ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]