中国の巨大問屋街で見た米中摩擦 一帯一路の影響も

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2020/1/23 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米中貿易戦争が始まって1年半。制裁緩和の動きが出てきたが、関税合戦の終結はなお見えない。貿易摩擦の最前線はどうなっているのか。中国・浙江省の義烏(イーウー)にある世界最大の雑貨卸売市場を訪ねた。習近平(シー・ジンピン)政権による広域経済圏構想「一帯一路」の中国側の起点の1つでもあり、新たな商流のほか越境EC(電子商取引)の影響も垣間見えた。

 ▼義烏国際商貿城 中国・浙江省の義烏市内にある雑貨や日…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]