/

桜を見る会、契約書など存在 官房長官「法違反せず」

菅義偉官房長官は21日の記者会見で、2011~13年の桜を見る会の会場設営の契約書などの資料が存在していると明らかにした。内閣府総務課はこれまで保存期間5年の文書として廃棄されたと説明してきた。菅氏は「不適切な対応であり、国会の関係者に丁寧に説明するよう指示した」と述べた。「公文書管理法に反する取り扱いではない」とも説明した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン