JAL、国内線でエアバス最新鋭機拡大 路線計画発表

2020/1/21 18:17
保存
共有
印刷
その他

日本航空(JAL)は21日、2020年度の国内線における機材、路線計画を発表した。19年に導入を始めた欧州エアバスの最新鋭大型旅客機「A350-900」を現在の5機から9機に増やす。路線では羽田―新千歳、那覇を夏季に増便する。19年の羽田空港国内線発着枠再配分による発着枠減少に伴い羽田―徳島、北九州便をそれぞれ1往復ずつ減便する。

JALはA350-900を羽田―福岡、新千歳の基幹路線で運航して…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]