積水ハウス「急病見張る家」、救急隊に出動要請も

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2020/1/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

積水ハウスは家の中にセンサーを設置して住む人の健康状態を把握し、脳卒中などの急性疾患を早期発見するサービスを始める。2020年中に首都圏50世帯で試験的に導入する。非接触型のセンサーで心拍数と呼吸数のデータを収集し、異常を検知すると、救急隊に出動要請する。実際の住宅でのデータを蓄積し、早期の実用化をめざす。

「家の中で年間7万人が亡くなるが、急性疾患の早期発見は手つかずだ」。積水ハウスの仲井嘉浩…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]