スーパー3団体の19年売上高、初の前年比マイナス

2020/1/21 17:57
保存
共有
印刷
その他

全国スーパーマーケット協会(東京・千代田)など食品スーパー業界の3団体が21日発表した2019年の全店売上高(速報ベース)は、前年比0.1%減の10兆7880億円だった。前年を下回るのは11年の調査開始以降初めてとなる。消費全体が冷え込むなか、10月の消費増税による買い控えのほか、冷夏や暖冬、台風など天候の影響も重荷となった。

既存店ベースの売上高は19年12月まで14カ月連続で前年同月を下回っ…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]