/

この記事は会員限定です

視界の外にも成長分野 「農業」目を見張る伸び

編集委員 前田昌孝

[有料会員限定]

2020年に入り、米国株の強さに驚いている投資家も多い。まだ18年に付けた上場来高値を更新できない大型ハイテク株はアマゾン・ドット・コム、エヌビディア、ネットフリックスだけとなり、日本でも半導体関連株などに新値更新が相次いでいる。日本には忘れられた成長産業もある。貿易自由化の犠牲とみられていた農業だ。部門別国内総生産(GDP)は18年までの4年間で26%も伸びた。ただ、どうすれば投資できるのか手掛...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2333文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン