/

この記事は会員限定です

原子力はグリーンか? 欧州「タクソノミー」の行方

科学記者の目 編集委員 滝順一

[有料会員限定]

原子力発電は持続可能な技術として投資を続けるべきか、否か。投資対象の分類基準(タクソノミー)を決める欧州連合(EU)の議論が注目を集める。地球温暖化抑止のために原子力は必要とする意見と、放射性廃棄物が出るため持続可能と言えないとする見方がぶつかる。世界の原子力利用の未来に影響が及ぶ。

EUは脱炭素社会を実現する上で「投資適格」とみなせる技術をリストアップしている。資金の流れを持続可能でない技術から...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1477文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン