/

高知県観光特使に「ハマちゃん」黒笹氏、漫画のモデル

高知県は21日、元小学館編集者で漫画「釣りバカ日誌」の主人公、ハマちゃんのモデルになり2012年に東京都から高知市に移住した黒笹慈幾氏に県観光特使を委嘱した。黒笹氏は移住後、高知大の客員教授を務めたり県の移住政策にアドバイスしたりするなど地域活性化で貢献している。

浜田高知県知事から観光特使の委嘱状を渡された黒笹氏=写真右(21日午後、高知市)

同日、浜田省司知事が委嘱状を手渡した。県は今後、2019年2月に始めた観光施策「リョーマの休日~自然&体験キャンペーン」のあり方で積極的な発言を期待する。第二の人生の地として高知を選び現在、釣り三昧の黒笹氏は知事に「自然&体験キャンペーンを発信する一環として一緒に釣りに行きましょう」と呼びかけた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン