/

横浜市営地下鉄、新百合ケ丘駅への延伸ルート決定

横浜市と川崎市は21日、横浜市営地下鉄ブルーラインの延伸ルートや新駅の位置について合意したと発表した。あざみ野駅(横浜市青葉区)から小田急線・新百合ケ丘駅(川崎市麻生区)までの約6.5キロを約10分で結び、新駅を4駅設置する。当初候補とした3通りの経路のうち最も東側のルートを採用し、2030年の開業を目指す。

両市は19年1月に延伸の事業化を決め、川崎市内の延伸区間では3通りのルートを候補としてきた。地元での説明会や意見募集などを踏まえ、有力とされてきた市民施設「ヨネッティー王禅寺」(同市)付近を通過する東側のルートに決めた。

新駅はあざみ野駅からみて「嶮山」付近、「すすき野」付近、「ヨネッティー王禅寺」付近、接続する新百合ケ丘駅に設置する。同ルートではバスなどを含む公共交通ネットワークの充実や周辺の活性化が期待できるという。

横浜市の林文子市長は「整備に向け一歩前進した」と歓迎。川崎市の福田紀彦市長は「新たな発展の起点が誕生し、まちづくりに大きく寄与する」とコメントした。今後は環境影響評価などの手続きを踏んだうえで用地取得や工事に着手する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン