路面電車接続 商業活性化の契機に 富山市・森雅志市長
トップに聞く

2020/1/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

富山市の公共交通を軸とするコンパクトシティ政策が節目を迎える。3月21日にJR富山駅の南北を走る路面電車が接続し、乗り換えなしで移動が可能になる。同市が次の経済政策の柱と位置付けるのが、市民の居住地域の98%をカバーするセンサーネットワークを核にした新産業の育成だ。一連の政策の狙いなどについて森雅志市長に聞いた。

――南北接続は市民生活や経済をどう変えますか。

「駅の北側に住む人が、(百貨店の大…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]