CO2削減 日本が率先 世界で600億トン減の新戦略

2020/1/21 16:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は21日、統合イノベーション戦略推進会議(議長・菅義偉官房長官)を開き、二酸化炭素(CO2)排出削減に関する新戦略を決定した。日本が強みを持つ先端技術を活用し、世界でのCO2削減に率先して取り組む。今後10年間で官民あわせて30兆円を投資する。

革新的環境イノベーション戦略では、2050年までに世界のCO2排出量を600億トン削減することを掲げた。内閣府などによれば、世界全体では毎年約500…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]