/

この記事は会員限定です

漫画「ガラスの仮面」幻の作中劇がオペラに

サブカルと総合芸術の融合、壮大なテーマを描写

[有料会員限定]

演劇に人生をかける少女たちの青春模様を描く美内すずえの少女漫画「ガラスの仮面」。その幻の作中劇である「紅天女」を、日本オペラ協会が初めてオペラ化した。日本のサブカルチャーと伝統芸能を西洋の総合芸術と融合させる試みにより、欲に目がくらむ人間の愚かさ、自然との共生といった作品のテーマを壮大に描ききった。

赤く鮮やかに輝く千年梅の大木の前に現れた女神・紅天女の美しさと神々しさに、目を奪われた。1月11日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1576文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン