[FT]金融緩和か否か、市場との対話に苦慮するFRB

FT
2020/1/21 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米連邦準備理事会(FRB)が昨年10月、バランスシートを再び拡大させ始めた時、パウエル議長は、一連の動きは新たな「量的緩和(QE)」とはみなされるべきではないと強調した。量的緩和は世界金融危機の後、金融を緩和するために導入された。

多くの投資家は今も昔も半信半疑だ。「これはQEだと思う」。資産運用会社ユニオン・バンケール・プリヴェのストラテジスト、クーン・チョウ氏はこう語る。「QEとしてはっきり…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]