消費財も「アジャイル」開発 P&Gやユニリーバ

CBインサイツ
スタートアップGlobe
コラム(テクノロジー)
2020/1/24 2:00
保存
共有
印刷
その他
 ソフトウエア分野で急速に普及した短期間での開発手法「アジャイル」が、消費財分野にも広がりつつある。米プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)や英蘭ユニリーバなど世界の大手メーカーが、戦略を説明する場などでこの言葉を多用するようになってきた。消費者の選択肢が増え変化も激しくなり、従来の手法ではニーズに対応できなくなってきたためだ。CBインサイツが各社の動きをまとめた。

「アジャイル(機敏という意味…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]