/

小泉環境相 ベトナム石炭火力建設計画に懸念表明

小泉進次郎環境相は21日の閣議後の記者会見で、日本企業が関わりベトナムで建設が予定されている石炭火力発電所について「国際社会から批判を浴びている。理解を得られるものではない」と述べた。建設計画への懸念を示し、石炭火力発電の輸出政策について見直す必要があるという考えを示した。今国会などで議論を進めていく方針だ。

ベトナム中部ハティン省で建設予定の大型石炭火力発電所「ブンアン2」は三菱商事が出資し、国際協力銀行(JBIC)など日本の金融機関が融資を検討している。実際の建設は中国や米国企業が担う予定だ。

小泉氏は「日本がお金を出して米中が建設するというのはおかしい」と発言。日本が石炭火力発電の輸出時に定める要件に合わないという見方を示した。

石炭火力は最新鋭の高効率型であっても二酸化炭素(CO2)排出量が多いことが問題視されている。深刻化する温暖化対策に逆行するとして、日本の政策に国際的な批判が強まっている。小泉氏は石炭火力発電所の輸出政策について今後、財務省や経済産業省などと議論していく考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン