日銀内に円高圧力後退説 「警戒はなお必要」
編集委員 清水功哉

清水 功哉
編集委員
2020/1/21 12:17
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「循環、構造両面の要因から大幅な円高は進みにくくなってきたかもしれない」――。最近、日銀内で聞くようになってきた声だ。21日の金融政策決定会合でまとめた経済・物価情勢の展望(展望リポート)で、リスク要因のひとつに「国際金融市場の動向」をあらためて挙げた通り、円高への警戒を解いたわけではないものの、年初に米国とイランの軍事的緊張が高まった局面でも円買いは限られた。日銀は同日、政策の現状維持を決めた…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]