/

この記事は会員限定です

日銀内に円高圧力後退説 「警戒はなお必要」

編集委員 清水功哉

[有料会員限定]

「循環、構造両面の要因から大幅な円高は進みにくくなってきたかもしれない」――。最近、日銀内で聞くようになってきた声だ。21日の金融政策決定会合でまとめた経済・物価情勢の展望(展望リポート)で、リスク要因のひとつに「国際金融市場の動向」をあらためて挙げた通り、円高への警戒を解いたわけではないものの、年初に米国とイランの軍事的緊張が高まった局面でも円買いは限られた。日銀は同日、政策の現状維持を決めたが、円...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1266文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン