/

この記事は会員限定です

天守の木造再建に高い壁 文化財保護や史料確保

[有料会員限定]

地域の歴史を体現する城。近年、天守を木造で再建する構想が各地で相次ぐ。資金、史料の不足などから実現に至った例は今のところ少ない。「観光の目玉に」と計画を急ぐ地元行政と、文化財保護を重視する学術界の意見が対立するケースも目立ち、文化庁は復元の基準づくりに向けた検討を進めている。

名古屋城天守は先の大戦の空襲で焼失し、戦後にコンクリートで再建された。江戸初期に完成したオリジナルは城郭として初めて旧国宝...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1456文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン