旧村上ファンド系、東芝機械に敵対的TOB
買収防衛策の発動が焦点に

2020/1/21 9:06 (2020/1/21 11:47更新)
保存
共有
印刷
その他

旧村上ファンド系のシティインデックスイレブンス(東京・渋谷)は21日、東芝機械株のTOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。最大で259億円を投じ、発行済み株数の44%の取得を目指す。東芝機械は17日に他の株主に新株予約権を無償で割り当てる買収防衛策を打ち出している。投資家の村上世彰氏側は防衛策の有効性も争う姿勢で、敵対的TOBに踏み切った。

21日から東芝機械株を1株3456円で買い付け…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]