/

この記事は会員限定です

ロッテ創業者負の遺産 後継争い、確執残す

[有料会員限定]

ロッテグループ創業者の辛格浩(シン・ギョクホ、日本名は重光武雄)名誉会長が19日、老衰のため98歳で死去した。日韓で売上高8兆円の巨大財閥を築いたが、最大の失敗とされるのが後継者問題だ。2015年には日本法人の経営権を巡る息子同士の対立が表面化。次男の辛東彬(シン・ドンビン、重光昭夫)氏が経営を掌握したものの、日韓の一体経営には火種が残ったままだ。

辛格浩氏の死去から一夜明けた20日、ソウル市の病...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1128文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン