新型肺炎巡り「局地戦」

2020/1/20 20:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型肺炎を巡る思惑から、マスクや医薬品に関連する銘柄が急騰している。国内で患者が確認された直前の15日の終値比では、防護服やマスクを手がける川本産業が20日までに30%高、防毒マスクを扱う重松製作所も同27%高となった。第一三共など大手医薬品株も総じて高い。

例年、中国からは25日の春節(旧正月)に合わせた休暇で日本への旅行者が増える。市場では「報道などで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]